簡単アイメイクで目力アップ!自力で二重まぶたを作って小顔で勝負!!TOP > アイシャドウの塗り方&アイライナー > アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方&アイライナーについて

1mannninn

アイシャドウの塗り方&アイライナー

【アイシャドウの塗り方】

まずは、淡い色をまぶた全体にのせます

その次に目のキワに向かって、濃い色を重ねていきます

いきなり濃い色をつけてしまうと、失敗した時に明るい色でフォローすることが出来ないからです

淡い色からスタートすれば、途中の修正が楽になります

濃い色は、目のキワに向かって、2ミリ間隔で塗り重ねていきます

『眉毛に近いほど淡い色』

『間のキワ・目頭に近いほど濃い色』

と、覚えておきましょう

目元が、くすみがちな方はファンデーションを塗った後に、まぶたのくぼみに白いファンデーション

か、下地を塗って、その上からアイシャドウをつけると淡い色も映えてキレイに仕上がります

また、アイシャドウを塗る時にチップとブラシをうまく使うと良いです

アイシャドウをはっきりと目立つような仕上がりには落ち着く『チップ』

まぶたの上のまつ毛のキワ部分や、目尻など細かい部分を塗る時に使います

淡くのせる程度なら『ブラシ』

まぶた全体に大きく塗る時には、丸くて平たい形のブラシを使うとキレイに仕上がります

【アイライナー】

まつ毛の生え際を埋めるつもりで描いていきます

アイライナーを描く時は、目を伏せがちにして、反対側の手で目尻を持ち上げて描きます

目尻部分を描く時は、視線を目頭の方に移し、目頭部分を描く時は、視線を目尻の方に向けながら描くようにします

太く描きすぎてしまった時は、綿棒でぼかして仕上げるとナチュラルな感じに仕上がります

アイラインを描く時は、目頭部分は薄く細く、目尻は濃いめに引きます

目尻から3分の1くらいのところを、いちばん濃く太めに描くようにすることがコツ

あまり太く描かないように気をつけて、失敗しても綿棒でぼかして仕上げるとナチュラルな感じに仕上がりますので心配はありません

アイラインは、ペンシルよりもリキッドアイライナーの方が深みがある目元を作ることが出来ます

リキッドアイライナーが苦手な方は、深い色のアイシャドウを少量の水で溶いてコシがある細い筆で加えると、目元にフィットしてキレイに発色します


手軽に出来る目力二重まぶた術

手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 〜彩式小顔整顔〜手軽に出来る目力二重まぶた術

kousikibar


アイシャドウの塗り方&アイライナー記事一覧

アイシャドウの塗り方&アイライナー

アイシャドウの塗り方&アイライナー【アイシャドウの塗り方】まずは、淡い色をまぶた全体にのせますその次に目のキワに向かって、濃い色を重ねていきますいき...